九州野菜を購入する方法として野菜宅配サービスがありますが、どの通販が一番安全かを見極めるポイントを紹介しています。

放射能検査の方法が違うことを理解しよう

野菜宅配サービスによって、検査の基準となる値が違うことチェック

震災前と震災後の放射性セシウムの基準値が違うことを知ろう

放射性セシウム370Bq/kg・・・震災前
放射性セシウム500Bq/kg・・・震災後(引き上げられた)


世界の基準値と比べてもかなり緩い暫定基準値です。


宅配サービスがどちらの基準値を使用しているかチェックしてみましょう。

検査体制の違いを理解してください。

検査方法には主に2種類あります。

A全体の商品から特定の商品を検査する方法・・・サンプル抜き打ち検査
B宅配する食材すべて1品1品を検査する方法・・・コスト、手間がかかる


野菜宅配業者によって、放射能の検査体制が違いますのチェックしてください。

子供への安心野菜はより厳しい検査で

放射能の影響を受けやすい子供に与える野菜には、より厳しい基準で検査した商品をお勧めします。

野菜宅配サービスによっては、乳幼児用高精度検査を行っているところもありますので比較ポイントに取り入れましょう。

九州などの西日本産を選んで購入することができるか?

野菜宅配サービス選びはココがポイント!
九州産の野菜を扱っていても選んで購入できない場合があるので注意しよう。
宅配業者によって産地を選べない仕組みになっているので、比較ポイントにすべきです。

チェック項目
宅配業者によっては九州産などの野菜を取り扱っているので安心と思ったら
実際は、産地を指定できずにいろいろな県の食材が届くというシステムもあるので
注意して選ぶことが大事になってきます。

他のチェック項目
・より多くの九州野菜を取り扱っているか?
・入会金や年会費の必要性
放射能の検査方法・基準としている値・測定値の公表
・九州野菜のお試しセット購入が可能かどうか?

おすすめの野菜宅配サービス比較表

おいしっくす(Oisix)
暫定基準値→→ 震災前の370Bq/kg
放射能検査方法→→ 1品づつの全部検査
測定値の公表→→ ホームページ上で確認できる
九州・西日本産選択→→ 可能です。
入会金・年会費→→ 無料
お試しセット→→ 980円から2,900円(1500円~1700円分もお得に購入できる)

大地を守る会
暫定基準値→→ 震災後の500Bq/kg
放射能検査方法→→ 1品づつの全部検査
測定値の公表→→ ホームページ上で確認できる
九州・西日本産選択→→ 選択できません。
入会金・年会費→→ 年会費1,000円・預託金5,000円
お試しセット→→ 980円から(子供たちへの安心野菜セット2,180円がおすすめ)

らでぃっしゅぼーや
暫定基準値→→ 震災後の500Bq/kg
放射能検査方法→→ 全体の商品から特定の商品を検査する方法
測定値の公表→→ ホームページ上で確認できる
九州・西日本産選択→→ 選択できません。
入会金・年会費→→ 入会金5,250円・年会費1,050円
お試しセット→→ 定期宅配のみの会員登録

無農薬野菜ミレー
暫定基準値→→ 震災後の500Bq/kg
放射能検査方法→→ 全体の商品から特定の商品を検査する方法
測定値の公表→→ 公表なし
九州・西日本産選択→→ 千葉県近郊の野菜が多い
入会金・年会費→→ 無料
お試しセット→→ 1,500円

パルシステム
暫定基準値→→ 震災後の500Bq/kg
放射能検査方法→→ サンプル抜き取り検査
測定値の公表→→ 公表なし
九州・西日本産選択→→ 不可能
入会金・年会費→→ 2000円(退会時に返還)
お試しセット→→ なし資料請求のみ